性格診断を信じるのは危険?ジョークも多いことに注意が必要

様々な性格診断は増えていて、ネットで簡単にチャレンジできるようになっています。

注意したいのは性格診断の根拠です。

ジョークなどで作られたものも多く、あてずっぽうな内容になっているケースも多いからです。

あたっていると思ってもそのまま信じずに、どんな人が作ったかチェックする慎重さも大切になっています。

素人が作った性格診断も増えているのがポイント

性格診断と一言で言っても、その根拠になるものはそれぞれ違います。

企業がつかう適性検査のように綿密に作っているものだけでなく、聞きかじりの知識やジョークとして作られたものも含まれているのがポイントです。

説得力があるように見えても素人が好き勝手にいっているだけということも多いのです。

素人でも性格診断が作りやすくなっているのは、心理学のテストなどが一般的になっているためでもあります。

雰囲気をマネて作ることが簡単なため、中には根拠無く信じてしまいそうなものも増えているのです。

特に人を疑うクセが無い人は注意が必要になります。

性格診断の正確性をチェックしたいのであれば、監修者などの情報をチェックするのがおすすめです。

心理学関連プロや、様々な診断を作った経験のある人であればある程度信用ができます。

監修者の名前自体がかかれていないことも多いものの、気にしたいポイントにもなっています。

性格診断が役に立つかも重要なポイントになる

性格診断がどう役に立つかを考える視点も必要です。

気晴らしで診断を受けるのであれば、どんな結果が出ても笑って流すことができます。

診断結果自体を忘れるのも早いため、役に立たないものと割り切る人も多いのです。

当たっていることがわかっても、性格をかえられないケースもあります。

性格を変えようとすること自体がストレスになる場合もあり、無理に直そうとすることが良いとは限らないからです。

ストレスがたまる性格だと思っているのであれば、別な方法で解消を目指した方が良い場合もあります。

客観的な意見を聞く方法の一つに、占い師への相談があります。

カウンセラーに相談すると病気などと繋げて考えられやすく、気持ちが落ち込む人もいます。

気軽に悩みを投げかけられる相手として占い師を選択する人も意外と多いのです。

※おすすめサイト >> 当たる電話占いランキング
よく当たる電話占い比較口コミランキング2018無料鑑定サイトとは https://kikuhapi.com/

電話占いは電話一つで占い師と話すことができるため、気軽な相談相手を求める場合は使ってみるのもおすすめです。

鑑定歴が長い人ほど性格診断のレベルも高くなり、説得力が高まるのもポイントになります。