クレジットカード現金化は少額での利用もできる?できない?

給料日がまだなので、明日の飲み会代の数千円を用意するのはキツイ。

支払いに足りない分の1万円だけ借りたい。

このように、小額だけお金を借りたい時ありますよね。

しかし、金融機関で少額の借入をするのは、さすがに手間と時間が掛かり過ぎです。

だから、手間が掛からないクレジットカード現金化、これで少額が選べたら嬉しいですよね。

果たして、クレジットカード現金化の業者は、小額での利用は可能なんでしょうか。

クレジットカード現金化業者の下限額は1万円が普通

結論から言いますと、クレジットカード現金化では少額での利用も可能です。

現金化業者によって違いもありますが、大体は下限額は1万円として設定されています。

その為、少しだけお金が足りないからクレジットカード現金化して補填したい、飲み会代だけ借りたい、という時もクレジットカード現金化なら対応可能です。

ただし、さすがの現金化業者でも1万円以下から利用できる所は少ないです。

だから、数千円だけ欲しい、1万円以下の利用額を選択したい場合は、現金化業者でも無理なので気を付けてください。

また、現金化業者の中には下限額が3万円に設定されてるところも。

自分が利用したい現金化業者はいくらから利用できるのか、申し込む前にあらかじめ確認したいですね。

利用額が少額でクレジットカード現金化をする場合に気を付ける事

クレジットカード現金化は少額で利用する事も可能です。

しかし、小額での現金化にはデメリットが2つあるので、それを紹介したいと思います。

換金率が低くなる
基本的に、少額でのクレジットカード現金化は換金率が低くなりがちです。

1~3万円の利用額の場合、その換金率の相場は大体75%前後。

利用額が1万円の場合、約7,500円が貰える事になりますね。

50万円以上の利用額にした場合、換金率の相場は85%以上なので、小額での換金率がどれだけ低いか、よくわかると思います。

手数料が引かれると換金率がより下がる
また、現金化業者を利用する場合、手数料が掛かりますよね。

この手数料が本当に曲者で、公式サイトでは換金率が80%と書かれているのに、後から手数料が引かれて入金された金額は換金率65%ほどになってた、なんて事も多いです。

元から少額での利用は換金率が低いのに、更に手数料まで引かれたら、手元に残るお金は少しなんて事も。

少額での利用の場合、手数料はとても大事なので、事前に手数料を業者に聞いておきましょう。

自分でクレジットカード現金化すれば少額も可能?

ここまで見て、業者を使わずに自分でクレジットカード現金化をすれば1万円以下もできるんじゃない?と思った人もいるんじゃないでしょうか。

確かに、自分でやるなら1万円以下のクレジットカード現金化も可能です。

しかし、個人的にはオススメしません。

何故なら、必ずしも自分が望む額を現金化できるとは限らないからです。

現金化業者の場合、あらかじめ換金率が決まっているので、必ずその換金率分のお金は貰えます。

しかし、自分でやる場合は、換金率は決まっていません。

例えば、5,000円分の換金率になると見込んで商品を購入したのに、3,000円でしか売れなかったなど、自分でやると損をするリスクが高いんですね。

また、選んだ商品によっては、売れなくて現金化自体できない事も。

小額での現金化が可能だとしてもリスクが高いので、基本的には現金化業者を利用するのをオススメします。

紹介したように、クレジットカード現金化は少額での利用も可能です。

しかし、下限額は現金化業者によって違うので、必ず事前に確認しておきましょう。

クレジットカード現金化はとても便利な金策なので、お金が必要になったら頼ってみてはいかがでしょうか。

【合わせて読みたい】 詳しい情報をもっと見たい方はコチラ ⇒ ショッピング枠の現金化って何だろう??