世界にはたくさんの占いがありますが、性格診断は占いとは違います。その人が自然とやってしまう動作や、考え方などを参考にして深層心理を暴いていくという一種の学問です。

人間の数だけ性格があるといわれていますので、簡単にパターンに当てはめることは難しいのですが、この診断は、たくさんの人のデータを基にして作られているので、あてはまる人が多くなっているのです。

ちょっとしたことで分かる性格

では、簡単な診断をしていきましょう。子供のころにやったことがあったり、どこかで聞いたことのある方法だと思います。

まず。両手を組んでみてください。ちょうどお祈りをするようなポーズです。この時に親指がどこにあるかで性格がわかるといわれています。

右手の親指が上にあるという人は、左脳をよく使う理論派、右手の親指が上にあるという人は、右脳をよく使う創造派だといいます。
ほかにも、女脳・男脳、行動派・思案派などさまざまな説明がつく場合がありますが、その根拠として右脳を使っているか、左脳を使っているかが挙げられることがほとんどです。

質問や行動で分かる性格

心理テストといわれる質問形式の診断をしたことがある人は多いと思います。特に学生の頃なんかはそういった質問が流行る時期が絶対あって、ちょっとエッチな質問などをして盛り上がったこともあるのではないでしょうか?

記述するような質問だったり、選択肢の中から選ぶもの、項目にあてはまるものを考えるものなど形式はたくさんありますが、何となく納得できる設問がほとんどです。それでは簡単なテストをしていってみましょう。

まずは自分の爪を見てみてください…。どんな風に見ましたか?両手を開いた状態で見たという人はドS、両手を握った状態で見たという人はドM。片手になると、ドはつかないながらもSっ気、Mっ気があるといいます。

こういうSM診断は意外とたくさんあって、爪ではなく「手を見せて」と言って診断することもありますし、何か言わせてそのセリフによって診断することもあります。

PR 緑の野菜でグリーンスムージーを作ろう

病院で行われる性格診断

病院になると、性格診断というよりは、心理学の世界になり、より専門的に自分の心を解析されるのですが、それでも行うことは基本的に同じようなテストや質問がほとんどです。

有名なロールシャッハテストも、ネットで検索すればすぐにすることができますが、専門医に相談することでもっとしっかりとした結果を聞くことができるのです。

インターネット上でも、ロールシャッハテストをはじめ、さまざまな本格的診断を受けることができますが、一番は専門家のもとに行き、診断してもらうことです。

自分が何者なのかを知ることでこれからの生活をより良いものにしたり、恋人を見つけたり、生活に潤いを与えたりと多くのメリットが生まれるはずです。

また、現在自分が何かにひどく頭を悩ませているという場合は、占いに頼るよりもまず、自身の性格を見なおしてみることをオススメします。

そうすることで、どうして周りの環境が自分に合わないと感じるのか、これからどうするべきなのかをおのずと知ることができるようになるでしょう。

オススメの診断方法は?

たくさんの心理テストなどがありますが、その中でも自分のやりやすいものを選ぶといいでしょう。例えば「こんなときあなたはどうする?」というような自分で考えるのが苦手な人は選択肢があるタイプのテストを。

逆に選択肢があるものだと、自分の考え通りの選択肢がなく、すっきりしないという人は自分で考えるもの、直感で答えを選ぶものなどをチョイスするといいでしょう。

また、仲間とテストをするときは、出題者を決めて、先にいくつかテストを見てみるのもポイントです。気まずい答えが出そうなものは避けておきましょう。

PR むくみサプリのおすすめランキング!